*All archives   *Admin

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
--:--  |  スポンサー広告  |  EDIT  |  Top↑

2011.11.21 (Mon)

中小企業

昨夜ね、細君からパソコンの使い方についての質問がありました。

我輩も全て解る程、詳しくはありませんが、知る限りは教えてあげます。 
「何につかうの?」聞いてみると、「勤務先で」。  内容は細君の仕事範疇では無いので、「手当とか付くの?」と質問。

全く無い! 」そしてもちろん、残業手当もありません。

中小企業の罠にハマりかけております。 

「これできる?」と聞かれやってみる。 ほめられる。 また「これできる?」 やってみる。 ほめられる。 これを∞に続けていると、会社の思うツボ。

サービス残業は増え続け、負担増大になります。

中小企業は、今いる人達でまかなう事しか考えておりません。 だから「便利な人」は損してしまうのです。 せめて手当とか付けば良いのですが、それも「経費節減? 

世渡りをうまくできる人は、「知らない」「できません」でうまく逃れます。 たとえ「できる」としても・・・
 (ーー゛)

細君の話を聞いていると、我輩のサラリーマン生活20数年を思い出します。「似た者夫婦」だな。 (^_^;)
そして職場での「あの人はここまでできる」レベルを引き上げてしまった犯人の中に、我輩も含まれております。 ^^;

これ以上中小企業の「罠」にハマらない様に、細君を支えなきゃ・・・ (●^o^●)


それでは、ちょっと支えるのには体力が足りない(決して細君はデブではない! と断言できない  我輩と細君で、西原までの外食ドライブです。

IMG_0099_20111121133231.jpg

沖縄の高速道路無料化実験は終了したので、一般道をトコトコと南下します。 1時間超えの移動時間を費やし、辿り着いたお店での目的は?

IMG_0121.jpg

「冷やしそば」 沖縄そばの麺を使ったつけめんタイプです。

愛読しているブログの方が紹介され、1度は食してみたくなり、訪問となりました。

店内はこんな感じ。

IMG_0108.jpg

結構広く、綺麗な店内。 以前は南風原で営業していたそうです。

こちらのお店は2種類の自家製麺を使用しておりますので、細君は

IMG_0120.jpg

欲張りな2種類。 もちろん小盛ですよ。

そば以外に「ゆでたまご」「ちんすこう」が付いてきます。

画像左は

IMG_0111.jpg

IMG_0122.jpg

「機械打ちの自家製麺」 ほとんど平打ちの「うどん」ですねぇ~

右側は

IMG_0112_20111121133230.jpg

IMG_0123_20111121133418.jpg

「手打ちの自家製麺」 沖縄そばにしては細く、色も「日本蕎麦」に似ています。

味は両タイプ共、しっかりと「沖縄そば」してました。

IMG_0117.jpg

冷やしそばは、「機械打ちの自家製麺」。 テカテカ輝いております。

IMG_01151.jpg

右の「つゆ」はしっかりと「うどん・日本蕎麦」の味。  魚ダシが多い沖縄そば屋では、簡単にこんな味がだせるのでしょうね。

コシの強い「盛りうどん」感覚で味わえました。(予想どうり!) (^O^)/

左上は薬味でして、わさび&にんにく。

にんにくは、このつゆに合うか心配でしたが、結構いけます。 ♪

黄色い「たくわん」は、3人前の注文なので、タッパで好きなだけ。


あっ! 気付いた人、いますか?

IMG_0113_20111121133229.jpg

もちろん「炊きこみ・混ぜごはん」大好きな細君は、「ジューシー」も注文していました。

これだけ食べれば「世渡り上手」になれるかな?
スポンサーサイト
18:23  |  沖縄料理  |  TB(0)  |  CM(0)  |  EDIT  |  Top↑

2011.10.29 (Sat)

B級グルメ?

沖縄では不思議な名称のメニューがあります。

「Aランチ」

以前も紹介しましたが、もう少し解りやすく説明します。

まず、飲食店でお昼時に提供されているお得な Setメニュー 「ランチ」が基本なのでしょう。


それが沖縄では変わった進化をしました。(^_^;)


1. お昼時だけに限らず、お店の営業中にはほとんど提供して頂けます。 たとえ夜中でも。
 たぶん「料理名」になってしまったのでしょう。

2. とても「おかず」が多くボリュームがある Set です。 お店によっては「Bランチ」も「Cランチ」も存在します。

3. 沖縄では「酒の〆」にステーキを食しますが、この「ランチSet」も愛されております。


そんなご当地「B級グルメ?」の大会が開催されました。

IMG_0161.jpg


今回の大会では、出店(でみせ)なので、お弁当形式がほとんどです。


IMG_0162.jpg


でわ、優勝したお店の商品を検証してみましょう。


IMG_0170.jpg


まずはね、「ナポリタン」(基本形かな)


IMG_0172.jpg


ちょっと肉厚度は少ないですが「とんかつ」


IMG_0166.jpg


たぶん「豚ロース肉の焼肉」 2枚。


IMG_0173.jpg


エビフライ&玉子焼きも


IMG_0178.jpg


鶏からあげも


IMG_0176.jpg


ハンバーグも そして揚げウインナーも・・・ 豪勢な「おかず群」です。(^_^;)




ボリューム凄すぎだぞ! 「油ギッシュ・沖縄」 (゜o゜)


これを若者だけでなく、中高年も好みます。 「呑みの〆」にもね。


生物(なまもの)を保存するのが困難な「南の土地」ならではでしょうか? 地域性ですか。?




ただね、我輩には我慢できない不満があります。


野菜が無い! 漬物が無い! そして「ごはん」がまずい!!!



IMG_0154.jpg


居酒屋で1升瓶をボトルキープし、沖縄の友人に「愚痴」を付き合わせていた、バカ夫婦の感想でした。

IMG_0157.jpg
23:12  |  沖縄料理  |  TB(0)  |  CM(3)  |  EDIT  |  Top↑

2011.09.26 (Mon)

「秋」な午後

只今気温27度・湿度90%。

2010年5月から沖縄へ移り住んで2度目の「秋」です。

「そろそろこたつかな?」と思い始めた我輩がいます。
床屋でサッパリした帰り道、急に「沖縄そば」な気分に

DSCN0096.jpg


近所のお店に訪問です。 沖縄料理をあまり好まない我輩。 でもズルズルと・・・

DSCN0102.jpg


「あれっ? うまい!」

以前にも訪問した事のあるお店ですが、今回は美味しくいただけます。

沖縄生活1年を超え、味の趣向の変化か? 食欲の秋だからか?

まあ美味しいんだからいいか (*^。^*)


「てびち」とかの沖縄料理はまだですが、今後の展開に乞うご期待をW でも「山羊汁」は無理かな^^;

そんな「沖縄そば」のお店に不思議なメニュー。

DSCN0104.jpg

「ナポリタン」 どうみても「ミートソース」 沖縄ではトーストが付きます。

う~ん。 意味不明なメニュー構成です。



そんな秋の日曜日、近所の小学校では「運動会」 エイサーも聞こえてきます。

「今年もこの沖縄で年が越せるかなぁ~」と気の抜けた気持ちの午後でした。


明日(月曜日)から学校だぁ~(+o+)

F1040001.jpg
00:33  |  沖縄料理  |  TB(0)  |  CM(5)  |  EDIT  |  Top↑

2011.08.21 (Sun)

ウニの悲劇

我輩の細君は鰻も好物だがウニも大好物だ!
沖縄でもウニが食されていて、以前紹介した今帰仁「古宇利島」も有名。 細君はそこにターゲットを絞り、去年の9月13日に訪問。そこで悲劇が!「昨日で漁は終わりだよぉ~」(T_T) 無念な訪問でした。


苦渋を飲んだ細君は、忘れてはいませんでした。(怖)

本日8月21日、「去年は8月で販売終了だから、まだ間に合う!」と古宇利島に訪問する気満々だ。
でも冷静な我輩は「確認したほうがいいんじゃね~」とアドバイス。

予想どうり「もう終了しました。」な回答。 嫌な予感がしたんだ~(;一_一)


うなだれる細君を見て、なんとかならないかと、検索を重ねると、名護・世冨慶でHIT!(^O^)/電話で確認すると、「あと3人前あります。予約しますか?」 もちろん予約。
DSCN0865.jpg

58号沿いで、いつも通り過ぎていたお店でした。突入してみると、
DSCN0866.jpg

うりゃぁ~と言うほどの量と、ウニの甘さ!(●^o^●)

なんとなく、観光客目当てのお店っぽい看板だったので、未訪問のお店でした、

失礼いたしました。 試してみるもんですな。
DSCN0868.jpg

こちらのお店では「金武」「宜野座」の太平洋側から仕入れているそうです。 東シナ海側より大きく身の入ったウニが捕れるそうな。

でも海水温の変化でなかなか仕入も困難だそうです。
仕入ができれば、10月までメニュ~に並ぶ事があるそうな。
DSCN0872.jpg

こんな新鮮な「ウニ」と
DSCN0873.jpg

「海ブドウ」を一緒に口に含むと、うんまい!
1杯1,800円で納得の丼でした。

新鮮な魚も常備しており、今度は呑みで伺いたいお店でした。(*^。^*)
DSCN0875.jpg
20:43  |  沖縄料理  |  TB(0)  |  CM(2)  |  EDIT  |  Top↑

2011.06.09 (Thu)

鰻と鮪

みなさんこんにちわ! とうとう梅雨明けした沖縄から更新します。

AKB48の総選挙、終わりましたね。 でも全く興味無いおやぢです 。 だって、だれも可愛いく無いし、美人でも無いし。 秋元君の策略が当たっただけだろ?
WW



現在気温31.2℃・湿度81%。 もうコタツ布団は片付けなきゃ(汗)
こんな気候の沖縄では
DSCN0629.jpg

休みの日は、この様な状況でダラつくのが最高なのですが、なんせ貧乏夫婦。 再度市役所からの呼び出しがありましたので、面倒でも外出です。

せっかくの夫婦揃っての外出なのでもちろん「外食」の企みを持ちながら、市役所で手続きを済ませて、遅い昼飯です。

候補は2軒。 我輩にしては珍しい「つけ麺屋」さん。(あの魚粉だらけの粉っぽい付け汁が苦手なんです。) 今回は「魚粉抜きならいけるかな?」てな感じで挑戦!

夜からの営業でした・・・

もちろん予備もありますので、そちらのお店へ。 1度訪問しているので、中休みも無い事は確認済みな「とんこつラーメン屋さん」です。

もちろん期待は裏切りません。「定休日」でした・・・

細君が「どうする? 鰻屋にしない?」 

そうそう、確か道中で「鰻と寿司だって」とつぶやいていました。 まあもう面倒なので、そちらのお店へ訪問です。

沖縄で鰻は、日本で2位・3位を争う程の漁獲高(養殖を含む)だそうです。(いつのデータ?)

ちょっと居酒屋っぽい店内でメニューを拝見。「うな丼1,500円位・うな重(上)2,200円位・特上が3,000円位」でした。 鰻の蒲焼大好き細君は、特上狙い!

店内の雰囲気と、カウンターから伺える状況で、「うな丼にしとけ」と耳元で指示。
DSCN0631.jpg

軽くこんなんを頂きながら待っていると、小さな椀が1つやってきました。肝吸いかな?
DSCN0637.jpg

さすがに沖縄。「細めの麺入り沖縄そば」でした。 沖縄定食の定番です。

鰻の蒲焼は提供されるまで時間がかかります。 我輩のつまみ兼、細君の「間つなぎ」です。
DSCN0634.jpg

一応寿司の看板も掲げているお店なので、「鉄火巻き」。回転寿司に慣れすぎたのかW、この量は驚きました。 鮪も日本で上位の水揚げな沖縄。 もちろん冷凍ではありません。 海苔も美味しく、好感触。
DSCN0639.jpg

「鶏のたたき」が終わっていたので大将のお勧めで「合鴨のスモーク」。こちらは冷凍物ですが、自然に解凍してくると、結構脂とか、燻製された身は美味しく頂けました。

さあ、細君お待ちの「うな丼」です。
DSCN0641.jpg

あれっ? て言うか、予想通り。 丼では無いし、鰻少なっ!!
DSCN0642.jpg

味はまあまあでした。 しかしまた小さな椀が。「これこそ肝吸い?」

最初の椀と同じ小さな「沖縄そば」。 よくよく考えたら、最初の椀は「鉄火巻き」用で、こちらが「うな丼」用でした。W

結果1番安い「うな丼」で正解でした。
DSCN8663[1]

こんな「特上うな重」を夢見て、暴走しなくて良かったね。


何故我輩が、細君を抑えたのかって? だって厨房の真ん中のコンロに小さな「蒸し器」が丸見え。これが、不安の要因。

不安が的中し、なかなか「鰻」が現れない。 蒸し器が沸騰したらその中からやっと登場。焼き鳥を焼くサイズの小さな串焼き器で、タレをつけてあぶるだけ・・・


色々なお店が存在する、名護市。 お店選びは慎重にWDSCN0652.jpg
18:12  |  沖縄料理  |  TB(0)  |  CM(0)  |  EDIT  |  Top↑
 | BLOGTOP |  NEXT
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。