*All archives   *Admin

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
--:--  |  スポンサー広告  |  EDIT  |  Top↑

2010.02.28 (Sun)

感動したお店

みなさん、こんにちは!

現在TVでは、「津波警報」なるものが、連続して流されています。 他人事と、遠く異国の地震だけでは済まされないのでしょうね。
是非とも大きな災害にならない様に、海無し県「群馬」から祈っております。(やっぱり他人事?)

では本題です。

皆さんは「感動したお店」ってありますか?

我輩は20代後半に、会社から転勤を告げられ愛知県で初の1人暮らし。何も考えずに、会社を退職しそのまま現地に残りました。
住居はなんとか確保したのですが、なにせ若い時代なので、「借金」はたくさん。仕事も無い状態で、現金もほとんど無い状態でした。「今後どうなるんだろう」と思っている中なのに、「食」の「欲」が生まれました。  『牛肉が喰いてぇ~』

雨の中、当時唯一使用可能なクレジットカードを握りしめ、80ccのバイクで名古屋の中心街へ。「ここならカードが使えるだろう」と確信したお店に入店。 びしょ濡れです。
そんな我輩を見て仲居さんが、「あれ~、どうしたの」と気遣ってくれて、通された部屋まで大量の「おしぼり」を運んできて頂きました。その後、この仲居さんと楽しく会話させて頂きながら、美味しく食事ができました。

このお店との出会いもあって、その後愛知県で5年間生活できたと言っても過言ではありません。

今回は店名を公表します。東海地方を中心として、全国展開している大きなお店なので、こんな「駄ブログ」なんて、影響しないと、思ったからです。
DSCN8349.jpg

群馬の高崎市に進出してきた、しゃぶしゃぶメインの『木曽路』さんです。
出店が解った時点から、年に2回程お世話になっております。
DSCN8350.jpg

店名公開したからには、一応メニューなぞも紹介します。

では何故、今回の訪問なのか?
DSCN8345.jpg

500円分のお食事券が10枚! 有効期限があと1日と迫っていたのです。
でわ、本日のオーダーは?
DSCN8352.jpg
DSCN8354.jpg

細君は真ん中の「宝旬」。贅沢ですねぇ~。 もちろん意味はあります。
「ふぐ」です。 細君は『から揚げ』を。我輩は「刺身」を味わいたかったので、こちらをチョイス。
DSCN8353.jpg

我輩はシンプルに真ん中の「上しゃぶしゃぶ」。こちらにも、野菜やごはん、デザートも付いております。
DSCN8362.jpg

来ました!「ふぐ刺」 ルンルン♪です。
DSCN8364.jpg

「ふぐのから揚げ」です。食感は「鶏肉」っぽいのですが、噛めば噛む程、美味しさが口の中で拡がります。
DSCN8377.jpg

お肉はこの位の「あんばい」が我輩は好みです。もちろん「ポン酢」で頂きます。「胡麻タレ」では、お肉の味が、解らなくなってしまいますので。

我輩は生ビール6杯!(中ジョッキではありませんよ。洒落たグラスです。) 会計は「お食事券」を利用して、8,000円弱。

こちらのお店は我輩個人が「感動したお店」と思い入れがあるだけでは無く、従業員さんの対応もとても気持ち良いので、年に1度位、こんな贅沢はいかがですか?
下の画像みたく、『満面の笑み』を浮かべるかも・・・
DSCN7297.jpg




スポンサーサイト
16:26  |  群馬の外食  |  TB(0)  |  CM(0)  |  EDIT  |  Top↑

2010.02.25 (Thu)

堪えて「修了証書」を頂きました。

どうもドウモどうもっ!

なんとか本日、バカらしい 「食品衛生責任者講習会」を堪え、見事!! 『修了証書』を頂いてきました。

講習費 8,500円也。 6時間の講習で、特に卒業試験での点数も関係無しで、参加するだけで「証書」を頂けるだけの講習。

調理師免許を学費を払ってまで取得した人々には、無念な内容でした。

前半と後半は講師が変わったのですが、同じ内容を下手くそに説明するだけ。 しかも自己紹介も「天下り」を自慢するがの如きの内容。
受講者は皆、大人です。 黙って6時間堪えれば、「飲食店」を開く権利が得られるのですから・・・

いきなりフィギアスケート「キム・ヨナ」話題です。 今回は「真央ちゃん」、次回を目指してください。 たぶん『金』は、彼女にもっていかれるでしょうね。 絶好調ですもん。人生の再絶好調期に観られました。
可能かどうか知りませんが、安藤美紀が勝負で4回転でも跳ばなければ、日本の「金メダル」は難しいかもしれませんね。

そんなスポーツ素人意見は別として、これからも素人グルメレポートをしたいと思います。


皆さんは 「魚食い」 (魚食、大好き)ですか?

我輩は、そうでもありません。(海無し県、群馬育ちですもの。)
DSCN8334.jpg
いきなり「うに」です。

自画自賛ですが、結構美味しそうに撮れたでしょう? 
もちろん回転すし店です。 こちらのお店では「1皿100円」などと、低価格だけで、不味いネタを提供する姿勢ではなさそうです。

この「うに」1皿、500円位します。 でもね、500円でこんだけ美味しく食べさせていただける「回転すし」は、なかなかありません。 もちろん「魚食い」では無い我輩は、1つだけ楽しみ、残りは細君の胃袋へ。
DSCN8335.jpg

でましたっ! 「まぐろ三昧」です。 (4種類ですけど)

今回は『髪結の亭主』状態で、酒三昧な我輩が、いいかげんに「食べなきゃ」と思い「のん兵衛」が唯一、ごはんをたくさん摂取できて、つまみにもなる、「回転すし」訪問バージョンです。(今さら、解説かいっ!)

我輩が決め付ける事では無いですが、「群馬」「長野」「山梨」県民は、とても生のまぐろが、大好き!です。

残念ながら、この盛り合わせは、細君のもの。 我輩は真ん中のヤツ、2貫乗ったお皿を頂きました。
DSCN8338.jpg

きましたねぇ~ 「しらこ軍艦」 今回我輩は遠慮しましたが、「箸休め」はちゃんとオーダーしました。
DSCN8336.jpg

「紀州うめ」を使った『うめしそ巻き』

手前の「種」まわりの果肉に「御飯粒1つ」が、何かを物語っていませんか?(わかんねぇ~よっ!!)

一応、まるごとの梅干しを叩いて、この巻き寿司を作りましたの証明です。(御飯粒はいらない?)
DSCN8339.jpg

ほろほろの「穴子」 どんどんいきますよ!
DSCN8341.jpg

おーっと、いきなり我輩には「鬼門」の光物だぁ~
DSCN8342.jpg

ナイスな「えんがわ」の炙りです。
細君は上に乗った「ゆず」は遠慮したいそうな。
DSCN8333.jpg

結果2人で、皿数で言えば、10皿程度。 あと我輩は、生びーる3杯。 運転手細君は「本日の味噌汁・ねぎま」2杯でした。

会計5千円ちょっと。

高い! or 安い! は、皆さんの『楽しみ方次第』では?

いつかは皆さんに、「超高級な外食」を紹介しますので、ご勘弁を・・・・・
DSCN8343.jpg




00:56  |  群馬の外食  |  TB(0)  |  CM(5)  |  EDIT  |  Top↑

2010.02.22 (Mon)

提供する側の姿勢

みなさん、こんばんわ。 ちょっとPCを開く事が嫌になっていた我輩ですが、暇なんで更新に至りました。

最近「コメント」を頂いた方に「返信」で、お礼の文を書き込もうとしたら、「スパムコメントと判断されました」となりました。

ブログ主なのに、何故?  そんなに我輩の文章には、「毒」があるの???

さて、週末に細君とまた「ケンカ」をして、微妙な時間を過ごしていたのですが、休日なので外食と「しゃれこみ」ました。
(できるだけ解りやすく方言も含めて表現しているつもりですが、理解できなかったら、「コメント」にて問い合わせ下さい。)

伺ったのは我輩が20代の頃から、食している「ラーメン屋」さんです。
DSCN8326.jpg

このお店の名前では「雷ラーメン」。 辛さが3段階で選べて、味噌ベースで「さとうきびの素」&「にんにく」等を絶妙に美味く取り合わせた商品です。

特徴は?
DSCN8327.jpg

「生の長いも」」です。辛い中で、箸休めにさっぱりと「シャリシャリ」と頂ける、添え物です。
「辛い」だけでなく、「甘み」も同時に味わえる『商品』に仕上がっております。

20代の頃は「とても美味しく」頂いておりましたが、現在の我輩は「提供する側」を経験してから、『観察』する事で勉強させて頂いているお店となりました。

現在120席位の店舗で、とても繁盛しています。 お店の外まで「行列」ができる時間帯もある程の、人気店となっています。
DSCN8324.jpg

厨房です。興味がある人は、カウンターに座って、ビールでも飲みながら、観察して下さい。

スタイルは「オープンキッチン?」   とにかく、調理している厨房を公開していて、堂々と「経営する側」の努力?を表現しているとしか、みうけられない程の事を、実感できますよ!

こちらのお店では、「ラーメン」をお客様に早く提供する為に、駐車場を常に監視しており、車から降りた人数を確認すると、即人数分「麺」を茹で始めます。
結果、注文してから1~5分位でラーメンがお見えになります。「麺」が中太なのに、とても速いでしょう?

餃子も人気商品なので、あらかじめ人数分に近い数を焼いて待機しているので、注文してホールのおねいさんが「餃子2枚!」と発すると、即皿に乗ってお客様のテーブルに向かう為の待機状態になります。

この努力で、素早い商品提供と、お客様の回転効率を上げて繁盛しています。


こちらの店主は、「屋台」のラーメン屋から現在に至っているそうです。
そして努力が報われて、とても繁盛してるお店となりました。 「おめでとうございます」 「尊敬します」

でもね!

予測が外れたら? 「麺」はを茹でてから当たり前の様に「丼」に10分以上待機。次の来客に箸で解して、提供します。
即次の来客が無ければ、茹で釜の上棚で待機。やっと来た次の客様に、「湯通し」してから、提供されます。

「材料」のムダがありませんなぁ~。

餃子くんは? 例えば3人前注文すると即2人前やって来ます。 5分位後からやってきた残りの1人前が「当たり」です。(本当の焼きたてです。)

我輩は、今回確認してしまいました。
店主が自ら茹でた麺は、「裏」に居た、たぶん「身内」に提供されたのでしょう?

やはりこちらのラーメンは、「茹でたて」が1番美味しい事は、解っておられるのですね?

我輩の様な「若輩者」が指摘するまでもなく・・・

長い「つぶやき」になりましたが、細君のオーダーは?
DSCN8325.jpg

「野菜ラーメン」です。味噌ベースなので、我輩のオーダーした「雷ラーメン」を辛さ1段階アップして、下の写真の様に、アレンジします。
DSCN8328.jpg

「雷ラーメン」の「辛味」部分を移植して、オリジナルの『雷野菜ラーメン』の完成です!
DSCN8330.jpg

ひま人ですな。

こちらのお店を他の人に紹介する時は、「空いている時間」に訪問する事をお薦めしております。
『待機』している商品がやってくる可能性が低いと思うからです。 通し営業なので午後3~4時くらいかな?

まさかと思うのですが、すんごい「待機」している商品が提供されたならば、ゴメンナサイ。

賛否両論あるかと思いますが、我輩の「観察好き」と、基本的には美味しいラーメンなので、月に1度程訪問しているお店でした。

DSCN7537.jpg
 
05:19  |  群馬の外食  |  TB(0)  |  CM(2)  |  EDIT  |  Top↑

2010.02.18 (Thu)

地元の話ですが

皆さん、こんばんは。

最近話題になっている「シーシェパード」 あいつらは・・・・・・・

辞めておきましょう。我輩の「ぼやき」ばかりでは、皆さんもつまらないでしょうから、今回は本題に進みます。

DSCN8321.jpg

『立ち食いそば(うどん)』です。

我輩の地元、JR駅のお店は駅構内からでも、駅外からでもいただけます。
結構人気があるらしく、店前には駅用の「送迎用車専用駐車場」が5台分程あり、基本的には駐車時間10分以内となっておりますが、この「そば」を食べにわざわざやってきて、利用させてもらっている状況です。

AM9時過ぎに到着。何やらしゃれた服装の若者(ホストさん?)が、店のおばちゃんと会話しながら、麺をすすっております。

約1分程待機し(立ち食いスペースは、約4人程。でもどこでも頂けるのですが、写真を撮る目的もあったので、待機となりました。)「ごちそうさぁ~ん」と若者が車で去り、我輩はいそいそと食券機へ。


移動手段が車中心の群馬県。 電車など1時間に2本程度しかやってきません。
我輩も電車は、5年に1度くらいしか利用しませんので、このお店を思い出すと、わざわざ訪れます。
DSCN8320.jpg

「駐車した車は大丈夫かな?」なんて心配もご無用です。すぐ後ろには「交番」、トイレも歩いて30秒。

本日我輩のオーダーは?
DSCN8318.jpg

「かけそば」270円。

最近職を失ってから酒浸りで、ちょっと胃が疲れ気味なので、シンプルに。

細君は?
DSCN8319.jpg

「てんぷらそば」380円。(かきあげですけどね。)

とっても元気にモリモリ食する細君は、我輩が残した1/3程の残りを含め、スープまで完食!

細君曰く「3杯位なら、大丈夫」だって・・・

では何故、このお店なのか?
DSCN8315.jpg

この写真で解っていただけるかどうかには、疑問が残るので、解説しましょう。

今時「冷凍麺」では無く「ゆで麺」なのです。

我輩は、SAとかドライブインとかの「そば・うどん・ラーメン」等が好きなので、ついついむさぼり食ってしまうのですが、ほとんど「冷凍麺」になってしまい、具以外はほとんど個性が無くなっている現状に、がっかりしていたのです。

しかしこのお店は「昔ながら」の懐かしい商品が頂けるので、今回の掲載となりました。
DSCN8317A.jpg

左側の釜で「ゆで麺」を温めて、右側のつゆをかけて、提供されます。黒いお尻は、お店のおばちゃん所有のものです。

気付いた人はいますか? 釜と釜の間にある物体。

アップにしてみましょう。
DSCN8317.jpg

これもこのお店の特徴かな?  竹でできた「フォーク」に似たこの物体で「ゆで麺」を、ゆでザルに投入するのです。(このおかげで、「衛生てぶくろ」いらずなのです。)

昔の、「群馬名物やきまんじゅう」を経験した人には、懐かしいでしょう。

知らない方に説明します。この「竹フォーク」の2本指バージョンで、串に連なった「まんじゅう」を1個1個、外して食したのですよ。


このお店の味は?

「麺」は1度茹でているので、特に香りが立つ訳では無く、コシも大した事はありません。 「つゆ」も醤油の味が強いだけの、味には何の特徴も無い、『立ち食いそば(うどん)』です。

でも「つゆ」をすすりホットして、麺を「ズルズル」音をたてながら、すすり上げる、安価で懐かしい『立ち食い』です。

皆さんの周りにも、「グルメブーム」(古い?)に関係無く存続し続けたこんなお店、ありませんか?

現在この駅は、全く新しい駅へと改築(新築?)しています。
このお店は存続するのでしょうか? 心配です。
DSCN8323.jpg





19:58  |  群馬の外食  |  TB(0)  |  CM(2)  |  EDIT  |  Top↑

2010.02.16 (Tue)

現在午前5時

みなさん、おはようございます!(誰も起きてねぇ~よ。)
無職な男には、時間は関係ありません。

AM4時頃、こたつでムクッと起き出して、暇つぶしにPCを開き、各ブログを拝見していました。
細君は布団で「スヤスヤ・・・」(いびきなんて、かいてませんよ。) ( ̄▽ ̄)

冬季オリンピック、始まりましたね。歳をとると4年が早い事。(東京オリンピック生まれです。)

気になるのが、スノボーで代表になり、態度で有名になった、某選手。 我輩が親なら「帰ってこい!バカ息子」 と叱りますね。

この人の態度について、「異議なし」の若者の意見。「彼らしいスタイルだから・・・」って、親の葬式にもこのスタイルかい?

「日本代表」と言う自意識に欠けている人に「日の丸」は、背負わせていたく無いですな。
あの自由な国、アメリカさんの代表でも、正式な場所では、ボタン位とめるってーの!

「応援して下さる方々に、自分のベストを見せたいです。」
貴方の母校では、応援自粛だってさっ!

全く朝青龍といい、自分の置かれた立場を認識できない人間を、選出した方々にも、問題ありますね。

「今は自由だから・・・」 自由と言う言葉を履き違えるなっ! つうんだ(群馬弁です。「言うんだ」です)

あの髪型も髭も文句は言いませんが、「正式」な場所で「正装」をでき無い人には「自由」を語る資格無し!

あのやけに人数の多いアーティストだって、天皇陛下の御前では、サングラスを外したんだぞ!
タモリは葬式でもサングラスしていたが、彼にはサングラスは顔の一部だからだ!

某選手よ。 日本人が「あんだけ素晴らしい成績を収めたたんだから、もういいんじゃない?」位の結果を残して下さい。  
1人ぼっちで

早朝から怒りまくって、すいません。ただね、言いたかったの ( ̄x ̄;)


さてさて、言いたい事は記せたので、残りは(残りってなに?)我輩の細君孝行な部分を紹介しましょう。

我輩夫婦は(特に細君は)、「蕎麦」が好きです。 ある短い連休の日。「やほー」していたら美味そうなお店を発見!。
即行動で、信州長野へ。
DSCN7762.jpg

細君に聞けば、信州のどこかは解ると思いますが、ただいま「夢の中」 (_ _).zZ 

蕎麦4種類をSETで頂ける、嬉しいメニューを注文しました。「二八」「十割」あと、憶えていません

こんな事が多々あるので、「店名を明かさない」方針にもなりました。( ̄ ̄▽ ̄ ̄)。。。
DSCN7759.jpg

上記載の写真は、マクロ(接写)設定していなかったので、ピンボケですねぇ~ でもいくらかは、解っていただけるかと思い、掲載しました。

お味はもちろん、わざわざ信州まで訪問しただけありました。
とても「美味しゅう」頂けましたよ 

翌日も休みなので(もちろん酔って帰るのがめんどくさいので)、お店の従業員さんに「この近所で、旅館はありませんか?」と訪ね、たまたまキャンセル空きの宿がとれ、「素泊まり」。
この宿の名称も憶えていません。 確か山の上からの、どこかの市街地の夜景が綺麗でした。
DSCN7791.jpg

翌日、せっかく信州まで来たので、いつもブログを拝見させて頂いている「某氏」(あやしぃ~な)の情報から、名古屋の『あんかけスパゲッティー』を提供しているお店を襲撃!

いんやぁ~ 懐かしくて、涙ちょちょ切れちゃいました。(古い表現ですな)
まともに働いていたサラリーマン時代に、名古屋に転勤。その期間によくお世話になった、味です。

では、毒舌 では無く 謝罪 です。

気付いている方もいるかと思いますが、最初の画像の奥に見える「赤い物体」。
「我輩の細君孝行」などと述べてきましたが、この「赤い物体」が我輩の目当てだったのです。
DSCN7757.jpg

馬刺しです。
たぶん冷凍では無く、「やっと美味しい馬刺しに、出会えた~」と、感無量でした。

そんなこんなで、こんな自分勝手なブログ。  もう一つ謝罪があります。

『夏目漱石の「我輩は猫である」気取りで、自分の事を「我輩」と記します。』

間違えていました。(某コメから、気付きました。) 『我輩』では無く『吾輩』でしたね。

間違いは認めても、面倒なので、今後も『我輩』で継続させて頂きます。

細君が起きてきました。 2時間かかりました。この更新。

当時、帰り際に撮った写真です。 どなたか解ります?この場所・・・
DSCN7782.jpg

07:05  |  群馬の外食  |  TB(0)  |  CM(2)  |  EDIT  |  Top↑

2010.02.15 (Mon)

男の「こだわり」

タイトルを見て、興味無い人が多数だと思いますが、暇ならお付き合い願います。

後半に、微妙にお薦めしたいお店もありますので。

さてさて、こだわりは、「カメラ」です。

結構「形」から入る低俗な感覚を抱いていた少年時代を過ごした我輩の、『夢』だったカメラを「大人買い」しました。
DSCN7805.jpg

『Nikon F2 ですっ!!!

Yahoo!のオークションで落札した1品(ひとしな)です。 昭和30年前後生まれのカメラマニアには、夢に描いた物だと思います。 購入額、約3万円弱。

興味無い人には、理解できないでしょうが、「Nikon」と表示されている黒い部分は「別売り」なんです。

「Nikon」と表示されている黒い部分が無ければ、そもそも「カメラ」としての機能をしませんので、やはり「Yahoo!オークション」で、「その部品」を2万円弱で購入しました。

結果、その購入した「部品」はハズレでした。(つまり、機能を充分果たさなっかたのですな。)
再度チャレンジして、「フル稼働OK!」な商品をGeT!!!!!

カメラに興味無い人でも、「この写真のカメラには、何か足りない」位は理解していただけると思いますが、概に「オークション」で落札する事に疲れた我輩は、「中古カメラ商品」を扱うサイトから希望の商品をピックアップして「Nikon」と言うメーカーさんに直接電話して、このカメラに対応するか確認し「足らない部分」を購入。完成しました。
DSCN7799.jpg


そして完成したのが、皆さんでも解る「カメラ」の全容です。

「レンズ」が付きましたね。

マニアの方は、「結局ズームレンズじゃん」と批判する意見は真摯に受け止めます。

合計10万円弱の、「大人買い」(失敗も含めた)でした。

でもね、我輩の記憶では当時サラリーマンの月給で、購入できるかどうかな高価で、プロカメラマン御用達な「優れた」カメラだったのですよ。(しかも、黒い所もレンズも無い「本体」で)

「このカメラは?」    もう概に、沖縄の自宅に安置しております。(使えよっ!)



でわでは、誰でも興味ある話題にします。
DSCN8296.jpg

本日細君も休みなので、ふと思いついた『水餃子』を「ググる」では無く、「やほー」で検索していたら、近所での情報がありました。

そんで、突撃! してこの様な「水餃子」に出会いました。

テーブルに運ばれてきた時点で、「ソース」がかかっておりましたので、そのまんま「美味しく」いただきました。

もちろん毒舌はこれからです。

焼き餃子も頂きました。 写真は省きますが、「中国料理」が好きな日本人店主が開いたお店かな?  と感じました。

中国の歴史も、日本の歴史も把握しきれていない我輩ですが、外国の人々が他国で、日本の「ごはん」に類する主食
を食して、果たして『美味しい』とか『満足』できるのでしょうか?

何を述べたいかと言うと、このお店は、「中国では常食しているが、日本人には馴染みの無い、餃子」を提供している様です。

TV等の情報では観ておりますが、中国から日本に留学した人々と実際交流した我輩の感想ですが「中国の人」にとって餃子は、日本の「御飯」に近い食べ物なのです。

例えを挙げれば、アメリカさんでは、『日本の寿司』を「カリフォルニアロール」などと、アレンジしてお店の「メニュー」として、定番化しているではないですか? (主食では無く、1つの料理として)

すんごく、まわりクドクなりましたが、たぶん「本場の味」的な「美味しい」餃子でした。(「ごはんを出すなら、おかずも欲しい」てな感覚、解ってもらえば、幸いです。)
DSCN8310.jpg

まだ続きます。

このお店で、興味をもった、第2版。

「豚バラ御飯」です。間違いなく正確な名称では無いでしょうが、たぶんこんな名称です。

ボリュームを確認したい人は、次の画像で確認して下さい。
DSCN8312.jpg

本当の本当はこの料理を確認したくて、訪問しました。
ただね。我輩夫婦はこのお店の「HP」を拝見して、食欲の思うがまま、もう1つ注文してしまいました。
DSCN8304.jpg

もちろん正式名称は違うと思いますが、「牛肉とにんにく芽の炒めもの」に近い料理です。

基本的な香り付け(八角か?、ういきょうか? 同じだんべ?)が同じ料理を注文してしまったのです。(このお店ではね)

なんかね、飽きちゃいました。

でもでも、空腹の状態で連れてきた細君が、訪問当初に思わず注文した「ラーメン」
DSCN8300_20100215020932.jpg

これね、久し振りに遭遇した、「懐かしいラーメン」でした。

中華料理屋さんで頂くスープは「確かに美味い。」 そして、昔からの「お店」で味わったラーメンも美味しい。

たまたまかもしれませんが、「かつおぶし」系の魚介香と、豚々した「もわぁ~ん」とする、香りが無い『ラーメン』に出会う事ができました。
DSCN8313.jpg

最後にこのラーメンのスープが美味で、我輩の細君が思わず「はしたない」事をしてしまいました。


色々ありましたが、1つの『幸せ』 GET! です。
DSCN7914.jpg
03:37  |  群馬の外食  |  TB(0)  |  CM(0)  |  EDIT  |  Top↑

2010.02.13 (Sat)

麺類大好き!

さあ! 本日もこんばわ。ヾ(*゚▽゚*)ノ

細君は離職に向けて「送別会」なのかどうかは、よく解りませんが、イソイソと「飲み会」に出かけて、またまた1人ぼっちな我輩です。

でもね。アクセス数、30件も越えたので(またそれかい! 9割は身内だろっ!!) 地味に更新したいと思います。 
決して細君が居ると、更新の邪魔になるとは、言いません。

我輩は「麺類」が大好きです。決して「米」が嫌いな訳ではありませんが、「地味なうどん王国・群馬」生まれも影響でもしているのでしょうかね?

そんで本日の昼食は?
DSCN8262.jpg

決して「金属」が好物ではありません。

我輩なりの、表現方法です。
もちろん皆さんは、「スパゲッティー」と察していただいたかと、思います。

我輩の地元で、少なくとも30年以上営業している、(たぶん)個人営業している「いたりあんレストラン」です。
くどい様ですが、店名は公表しないので、雰囲気でお店を表現しています。(わかんねぇーよ!)

パスタを食べる為にお店を訪れると、いつも「トマト」か「クリーム」で悩む、45歳です。

今回は?
DSCN8261.jpg

裏切りました!

隣に並ぶは、細君の大好物な「たばこ」では無く、タバスコ。

何か問題でも?
DSCN8263.jpg

確か「トマトのなんとかパスタ」だったと思います。

結局「トマト」の魅惑に負けてしまいました。

味とか食感とかは、後にする事にして、細君のオーダーは?
DSCN8264.jpg

「本日のお薦め」である「魚介のぺペロンチーノ」

このお店に限った事ではありませんが、群馬でも「乾麺」の扱い方がうまくなりましたよね?(40代の感想です。)
いい「あんばい」の「アルパチーノ?」 「アルデンマーク?」 (かなりきついボケですね)

茹で加減は、最高です。
DSCN8265.jpg

さてさて毒舌です。

ほんの少しの間でも、飲食店(夜鳴き屋台ですが)経営者側でもあった我輩。 お店とお客の立場で、できるだけ表現させていただいております。
DSCN8266.jpg

残念便利な現在、「魚介のスープの素」なる業務用便利グッズが存在するので、このメニューの魚介は、冷凍品を使用していました。

別に、「魚介のスープの素」とか「冷凍品」を使用する事が悪いと言っている訳ではありませんが、店内に貼りだしてあった、某「ホールトマト」を使用していますなんて、表示してるならば、安い材料で、魚介のスープを作ってもらいたいと思う、我輩がいました。

でも我輩は酒呑みで、煙草呑みな「決定的な味覚音痴」です。

皆さん、あまり参考になさらない様に ( ̄ー ̄)y-.。o○

そして、このお店の責任ではありませんが、駐車場に入る時に運転手「細君」が、やらかしました。
沖縄までの足となる、このオンボロ車を・・・
DSCN8269.jpg

22:04  |  群馬の外食  |  TB(0)  |  CM(2)  |  EDIT  |  Top↑

2010.02.13 (Sat)

貧乏家庭料理ですけど

暇で暇で、また更新しちゃいます。
でもこんな我輩でも、PCを開く事に拒否反応する時もあるんですよ。 本当に・・・

さあ、一番お伝えしたい事は、知られざる身近な「本当の税金のムダ使い」についてです。
画像が無く、文章だけになりますので、飽きたらその後の「貧乏家庭料理」でも観て下さい。

我輩の細君は看護士歴25年です。勤務先は県立の施設です。
つまり「県職員」扱いで、公務員になります。

沖縄に移住するにあたり、職場を辞する事になりましたが、「県職員」なので「早期退職者」扱いで、本日県庁で説明会に参加してきました。

今まで加入していた共済保険の退職後の説明とか、退職金についての話とか。
そしてかつて我輩には「敵」であった、現・県知事との面会。

全ての説明等が終わり、終了かと思いきや、「慰労会」なるものが用意されていたのです。
そのテーブルには、ビール等の酒類が並んでいたそうな。

細君曰く「酒がでるんだったら、事前に教えて欲しかった。」と悲しそうな表情。(我輩の細君ですから、もちろん呑ん兵衛です。) 
もちろん他の出席者も自家用車で来庁しているので、誰一人として、お酒を手にする参加者はいなかったそうな。

とっても税金の「ムダ使い」だと感じませんか?

我輩は公務員だとか、官僚だとか、政治家だとかが、自分の得た地位を使って、多少の贅沢をする事には、反発しません。
だって、その地位を得る為に、努力して勝ち得た仕事なのですから。(まあ、ボンボンさんは、別ですがね)
この特権を否定する人は、何も努力しない人の単なる「やっかみ」と我輩は思います。

それでは何故この事実が「本当の税金のムダ使い」なのか?

一応「慰労」の為に祝宴を設けておいて、誰一人として用意された「お酒」を味わう事ができなかった事実です。
この説明会で「お酒」を用意する事も、「税金のムダ使い」と思う方々がおられると思いますが、用意した「お酒」を味わう事ができないこの状況こそ、「本当のムダ使い」と思った次第です。

誰も呑む事ができない場所に「お酒」を用意して「このお酒、どうするの?」
細君の配偶者(つまり我輩ですが)も参加できたので、同行しなかった我輩は「くやしいですっ!」(ざぶんぐる?)

まあ、そんな「呑ん兵衛」の戯言でした。

それでは、そんな細君に「今月は、もうこれしか無いよ。」と財布の中身を見せつけられる夫婦の、貧乏思考で作る夕食を公開します。
DSCN8247.jpg

安いですねぇ~ 約300gでこのお値段。
昔に比べて美味しい「豚肉ちゃん」を、簡単にスーパーで購入できる様になりましたね。
我輩が幼少の頃は、スジがあり堅かったりしたもんですが、今思えば、どの「部分」だったのでしょうかね?
DSCN8249.jpg

味は画像では解りませんが、この油部分「うんまい!」ですよ。
では、どの様にこの「豚肉ちゃん」を美味しく味わうのか?
DSCN8252.jpg

「干し椎茸の戻し汁」と「昆布」の出汁で、しゃぶしゃぶして、頂きます。
面倒なので「豆腐」は、最初から浸っていただいております。
この「豚肉ちゃん」の相方は?
DSCN8256.jpg

「レタス」と「エノキ」です。
そしてタレは?
DSCN8257.jpg

以下の材料と、刻み長ネギ・一味唐辛子を我輩好みで合わせたタレでいただきます。

DSCN8258.jpg

そしてこんな状態で頂きました。
DSCN8259.jpg

かなり「手抜き」で、見苦しい画像もありましたかとも思いますが、我が家の食卓の一部でした。

そうそう。「豚ちゃん」の脂身の少ない部位で、「肉自体を、味わう」には、かつぶし主体のタレで試してみて下さい。(市販の「そばつゆ」を薄めたのでもOK! です。) タレと「豚ちゃんの味」で、甘美味ですよ。

でもね、「無駄に用意された宴席」「綺麗でも冷めたフルコース」よりは、暖かく美味しく頂だける夕食を楽しめました。

(本当はこの「出汁」には、日本酒を加えた方が美味しくなるのですが「お酒」は呑むものの夫婦なので、残念ながら「投入」とはなりませんでした。)



DSCN8221.jpg
02:03  |  生活  |  TB(0)  |  CM(2)  |  EDIT  |  Top↑

2010.02.12 (Fri)

またまた雪です。

珍しいですね。我輩が居住している群馬(平野地)でこんなに雪が降るなんて。
でも子供の頃はもっと降った記憶があります。 温暖化しているのでしょうか? 
この雪は我輩が沖縄に移住する前に最後の雪を与えてくれているのでしょうか?(そんな訳ねぇ~だろ!)

さてさて、本日は細君が夜勤明けでお疲れなので、昼食は外食としました。
我輩が10年程お世話になった町の定食屋さんです。

尚我輩のブログでは、基本的に「店名」は伏せる事としています。見苦しい「モザイク」なるものが、画像内に存在しますが、ご勘弁を。

更にこのブログは、公開後でも追加したり修正したりする事が多々あります。暇でしたらこの変更等も、お楽しみ下さい。

さて、お品書きです。
DSCN8235A.jpg

地元に根付いている、庶民的な定食屋さんです。 店主と奥さん2人で、出前までこなしています。
さてこの左側の続きは?
DSCN8235B.jpg

ちょっと判別しにくい結果になってしまいましたが、微妙な写真処理されているこのお品書き。『肉ケチャップジンジャー炒め・600円』
このお店で最高単価な1品料理です。(あっ!カツ丼があった・・・) 名前の通り、「しょうが焼きにケチャップ」を足した1品ですが、このお店を特定できる人でしたら、1度は味わってみて下さい。
なんか、地味に美味しくビールに最高ですよ。

しかし今回は沖縄での散財が影響して、注文できず、我輩が選択したのは
DSCN8242.jpg

タンメンです。

こちらのお店は、我輩が苦手な香り「ごま油」を使用していないので、あっさりと頂けます。

写真が下手くそですねぇ~ でもピンボケでは無く、手ブレなんです。
お店で素人の我輩がストロボを焚くと、やはり迷惑なのではないかと思うので、極力ストロボは使用しません。
マニアックな事を述べると、ISOの感度を上げれば手ブレは防げますが、画質が落ちます。

まあ、どっちにしても、「下手」には変わりはありません。 もっと勉強します。
DSCN8244.jpg

はこんな具合です。
「茹で具合は?」     まあ、大衆定食屋さんなので、それなりです。

それでは、細君が選択しのは
DSCN8240.jpg

チャーハン大盛り です。

このチャーハンはねぇ~ 醤油の焦げたいい香りと、「さとうきび味」の調味料をいい「あんばい」で使い、ビールのつまみに最高なんですよ!

大盛りにしたのは、もちろんビールを嗜んでいる我輩の「つまみ」になる様にです。(細君が大喰らいと言う事は、ここでは伏せておきます。)
DSCN8245.jpg

この位をチビチビつまみながらのビールは最高!!! (今回のベストショットですな。)

ところで我輩はこの様な「大衆食堂」と言われるお店が大好きで色々訪問していますが、この様な表現は申し訳ありませんが、店主さんは「イケメン」では無いのに、奥様は何故かとても綺麗な女性がほとんどなのは、何故でしょうか?



このお店の奥様の小さな気遣いでしょう。 畳席には地味ですがほっとする、花飾りがありました。
DSCN8237.jpg





00:03  |  群馬の外食  |  TB(0)  |  CM(4)  |  EDIT  |  Top↑

2010.02.11 (Thu)

我輩の身内も紹介しちゃいます。

どーも。 出勤時間が無いと「寝坊」になり、本日目覚めたのは、午後1時で無職な「髪結の亭主」です。
細君は昼間勤務で深夜勤務なので、1人ぼっちな深夜を過ごしております。

このブログを始めたので、専用デジカメを購入したのに、皆さんにお薦めしたい「そば屋」へ本日伺ったにもかかわらず、デジカメを忘れた「おバカ」は、我輩の事です。
「あれっ!カメラは?」と冷たい細君からの指摘もなんのその。

アクセス数、20件になった祝いに、更新しちゃいます。

1月の沖縄訪問(帰省?)では、総勢6人となりました。娘夫婦の新婚旅行も兼ねましたので・・・

娘が19歳で身篭りましたので、我輩もいきなり「おじいいちゃん」になってしまいました。
りゅうご

「でゅうご」君でーす。

コーンスープをむさぼり飲んだ後の、画像です。(鼻水ではないですよぉ~)

1歳で飛行機に乗り、沖縄遠征です。
やはり孫は、可愛い。 そんな状態でも、今回は娘夫婦の「新婚旅行」。お薦めスポットを紹介し、我輩達は沖縄生活の準備をコツコツとしていました。

「お薦めスポット」とは?

いか

ありきたりですが、「美ら(ちゅら)海水族館」です。 ここはねー 1週間位時間が無いと、全部を満喫できない程、素晴らしいエリアです。
「ありきたり」を侮るなかれ!

次はマニアックな場所を紹介してみます。
DSCN0765.jpg

沖縄在住の人から薦められて、訪問しましたが、なぁーんもありません。 沖縄本島から車で行ける島ですが、なぁーんもありません。島を一周しましたが、記憶では、10分位かな?
でも我輩には、交通の便も考えると、「住みたい」場所です。

なぁーんも無い素晴らしさを、体感してはいかがですかな?
DSCN0778.jpg

対岸が沖縄本島、手前が「なぁーんも無い」古宇利島です。

DSCN0774.jpg

先に観えるは、東シナ海。

マニアック過ぎましたかな?

それではこれも「ありきたり」ですが、必ず訪れてもらいたい観光名所であり、「沖縄」を知るのに解りやすい場所でもあり、沖縄の歴史も感じられる所を紹介します。
DSCN7593baa.jpg

DSCN7581.jpg


「琉球村」です。
なんか当たり前の観光紹介みたいだと、感じる方は多数だと思いますが、ここは「沖縄」を感じる事ができる、完成された観光地なので、紹介させていただきました。



「姫ゆりの塔」とか、「国際通り」とか、他にも色々ありますが、我輩は訪問した事無いので、紹介できません。(テヘッ)

もちろんマリンスポーツなんぞは、我輩自身泳げないので、興味ありましぇ~ん。

でも皆さん機会ありましたら、「旅行」の行き先に一度は沖縄へ・・・

DSCN7624ばあ

あっ! この人は細君の母親(昭和5年生まれ)、通称「ばあ」です。親子4代での沖縄襲撃でしたとさ。
03:45  |  生活  |  TB(0)  |  CM(0)  |  EDIT  |  Top↑

2010.02.10 (Wed)

まあ、だいたいは・・・

みなさん、こんばんわ!
「だいたい」は、酔ってブログを更新している「さだ」です。
勝手な自論ですが、酔っているとまず、気持ちが大きくなります。 そして心に秘めた「言いたい事」を表現したくなります。
そんな「弱虫」な「おぢさん」が、またまた更新します。

沖縄での「地域特性」について、ほんの一部、記してみます。
DSCN名護

写真での「おデブさん」は我輩の細君であります。
「沖縄に住むぞぉ~!」 っと計画して沖縄県庁を訪れたら、入庁拒否されてしまいました。

まあね、「観光して記念で」なんてのが多いので、しょうがないですかね?

そんで、住みたい「名護市」で市役所に潜入した画像が、これです。

6回、訪問程度ですが、色々現地の人でも把握していない現状が解ってきました。

銀行

沖縄の某銀行で新規口座の開設をしようとしたら、何か別の担当者みたいな人がやってきて「沖縄での住所確認できる事」&「沖縄で働いている証明」(職場訪問までするそうです。)が無ければ開設できないそうな。

「今後この沖縄で住む事になるので、地元沖縄の銀行で口座を開設したいんです。」と説明しても、「たぶん、どこの沖縄の銀行でも、無理です。」だって・・・

A型バリバリ気質の我輩は、身分証明書は勿論、住民票まで持参したのですが、完敗しました(T△T)

賃貸住宅

名護市の小さなステーキ屋で、店主と仲良くなり「移住」の話をしたら、「早く来な」と歓迎してくれました。
しばらくすると、他の常連さんがやってきて「この夫婦、沖縄に住みたいんだと」と紹介されました。この常連さん、数年前に、本土から移住してきたそうな。
色々と話を伺って、賃貸住宅の話になると、店主は「なんくるないさぁ~」(どうにかなる)と言います。
タイミングを計ったかの様に、次の常連さんが入店。「この人、地元の不動産屋だよ!」と紹介されて、名刺まで頂きました。
「沖縄では賃貸住宅を契約するには、地元の保証人が必要なんですよね?」と質問すると、店主が「あんた(我輩)が契約者で、奥さんが保証人でいいのさ」と、明るく答えてくれました。

不動産屋さんは、伏し目がちに苦笑いしていました。


「うちなー」(沖縄生まれ)の人々が『なんくるないさぁ~』と表現しても、現実は「沖縄の人なら」と言う意味が追加されるので、「ないちぃー」(本土の人)は、実際は対象にならない事が多々あるんですよ。
実際、現地で知り合った人々に「銀行話」をすると、「あれ、そーなん??」と、不思議がられました。

「沖縄に根付くのは、なかなか難しいぞ」と感じ、唯一の沖縄での友人にアドバイスを受け、なんとか全国を網羅している企業で管理している物件を獲得した次第です。
DSCN7960.jpg

黄色の看板がある2Fが、なんとか確保できた我輩の沖縄での住居です。
とりあえず現地で生活する場所を確保できました。


今後、仕事に就き生活も安定したら、やはりな家に住みたいと目論んでおる次第です。
DSCN家


沖縄の人がこのブログを観て、不快感を得たとしても、我輩個人の意見として、沖縄以外の人々が感じるだろうと思う感想を、少なからず代弁している次第です。

我輩が生まれ育った「群馬県」同様、「沖縄」は大好きです。

今後、この稚拙なブログが継続すれば、皆さんが不快な思いを抱く事もあるかもしれませんが、OK!ならば、今後共、よろしくお願いいたします。

DSCN沖縄おじさん
02:21  |  生活  |  TB(0)  |  CM(0)  |  EDIT  |  Top↑

2010.02.06 (Sat)

「髪結の亭主」とは?

さてさて。テンプレートもなんとか一新できたので、(まあ、職なしですから、時間はたぁ~っぷりありましたので、四苦八苦しながらですが) 我輩のブログのタイトル『髪結の亭主』についての説明と、何故我輩が「髪結の亭主」状態になったか、説明させていただきます。

「髪結の亭主」とは?

江戸時代か明治時代か知らんが、女性の髪の毛を整える仕事は女性の職人が専門で行なうのが常だったそうな。
現在で言う、女性専用「理髪師」になるのかな?
手に職を持つ女房をもらった男氏は、少し女房の手伝いをしながら、自由奔放に遊んで暮らしたそうな。
周りの男氏達からは、「軽蔑」と「うらやましい」のまなざしを浴びていたそうな。

何故我輩が「髪結の亭主」状態に?

約2年程前から、沖縄に移住を決めていた我輩夫婦でしたが、’09・11月に我輩が勤務していた会社から、約10万円の給与減額を提示されました。
個人会社で、会社の収支も把握していた我輩でしたので、「止むを得ず」と納得せざるを得ませんでしたが、今まで昼11時間、夜11時間の2交代勤務を務めてきましたが、職場変更となり2交代+3交代勤務になり、減給。

細君と話合い、「そんな勤務で、そんな給料なら、失業給付金をもらって沖縄移住まで、待機したほうが良いのでは?」と言う結果になり、「職無し」に至ったのです。

そして「厚生労働省」から、こんな書類を頂きました。
DSCN8212A.jpg


我輩の場合、’10・3月まで、前勤務先で減額された給与とさほど変わらない金額を「雇用保険」から給付して頂ける事となりました。

何故この様な選択?

細君は看護士。2交代勤務より不規則です。そして我輩が2交代・3交代制が混合する勤務になると、報酬が伴わないと、(いや、報酬だけでもありません。)我輩が働く意味があるのか? と言う結論です。

いわゆる「失業給付金」とは、「雇用保険」に加入していた人が再就職したいが、なかなか就職先が見つからない時に、求職活動を支援する「補助金」です。
我輩は、4月で沖縄に移住するので、群馬エリアでの職探しをしても、意味がありません。
「それでは、移住先の沖縄で職探しをしたら?」← この事については、今後「地域特性」を含めて記す事にします。とにかく、難しいんです。

求職活動

「厚生労働省」の取り決めでは「失業給付金」とは、「再就職に意欲のある人に助成する補助金」となっております。
「再就職に意欲のある人」との判断基準は4週間に1回の自己申告で決まります。(認定日と言います。)
自己申告で「求職活動を2回以上(4週間の間に)したが、再就職できませんでした。」が認められればOK!です。

では認められる「求職活動」とは?

1・前記の「認定日」に出席すれば1回と認定します。(この日に出席しなければ、もともと翌月の支給は受けられません。)
2・月4回開かれている、ビデオ等を使用したセミナー(約1時間)なるものに参加すれば、1回と認められます。
これで、「2回以上の求職活動」と認定されます。(不思議でしょ~)  もちろん、積極的に「ハローワーク」を通して、面接・会社訪問等も、「求職活動」と認定されます。(これは当たり前)

そんな状況の中、我輩の求職活動は、群馬で就職する訳でもないので、資格(免許?・許可書?)取得を進めております。
「求職活動」には認めていただけませんが、とりあえずこんな「講習会」に参加します。
DSCN8211.jpg

個人でお店(飲食店等)を開くのには、この講習を受けて、保健所から許可を受ければ、「調理師免許」なんぞいらないのです。

果たして我輩が、沖縄にて飲食店を開くかどうかは解りませんが、認可をもらっていて損は無いでしょう?



「髪結の亭主」の宿命

やはりブログに使う写真は、「オリジナルでなければいけない!」と思い、専用デジカメを購入。
そのデジカメを見るやいなや、細君が「こっちを使いたい!」との事で、我輩は我が家にあった旧デジカメを使う事に。

悲しき「髪結の亭主」の結末でした (T△T)

こんな悲しき男のブログ。これからもよろしくお願いいたします。

DSCN0794.jpg
05:13  |  生活  |  TB(0)  |  CM(2)  |  EDIT  |  Top↑

2010.02.02 (Tue)

沖縄の食

皆さん、こんばんわ!
南国沖縄から山中・群馬に戻って早や2日が経ち、今夜は雪が降っており、凍えている次第です。
我輩夫婦が沖縄移住を決めてから、約2年。訪問回数6回目になりました。ほとんど観光はせずに、市役所や移住地「名護市」をレンタカーでうろつき廻った日々でした。
そんな状況の中で、感じた「沖縄の食」について、記します。

まずは『そば』

DSCN0785.jpg


上の写真は、有名な「ソーキそば」です。「ソーキ=豚の角煮」になりますので、沖縄ではラーメンに例えると、「チャーシュー麺」になりますかな?
普通の定食屋さんでは、麺類ではラーメン・そば(蕎麦粉を使った本土では定番のやつです。)・うどん系はあまりメニューにはありません。
ではこの「そば」(解りにくいので「沖縄そば」とします。)はどんなものか? 麺は蕎麦粉は使わず小麦粉で作った「うどん」です。茹で加減は芯の残る「堅め」でスープは、魚中心タイプと、豚中心タイプと2種類確認できました。
このスープは「うんまい!」です。さすがに「即海」であり、豚食も盛んな島なので、扱いには慣れているのでしょう。(山羊系は未だに未食です。)
さて総合的に堅めのうどんと、このスープが合うのか?
我輩的には、初めて東海地方の「味噌煮込みうどん」を食した時と同じ感覚でした。
「沖縄そば」は、本土での「うどん・そば」と比較してはいけないのです。「沖縄そば」と言う別の料理なのです。
このまま語っていると、次に進めないので、終了して・・・

味噌汁!

DSCN7267.jpg

定食屋さんの話が出たので、定食屋さんのメニューで。
また東海地方の例になりますが、「コーヒー」を注文すると、トーストやヤクルトが付いてくる様に、沖縄では「味噌汁」を頼むと、具沢山な味噌汁と「ごはん」&「おしんこ」が付いてきます。 まあ、「味噌汁定食」ですな。
大抵の定食屋さんでは、○○定食という表示が無くても、ごはんと味噌汁がついてきますので、味噌汁を注文する前に確認しておかないと、○○定食+味噌汁定食になってしまうので、ご注意を。

もずく!

DSCN0801.jpg


ピントが外れていてすいません。沖縄では「もずく」が、日本一位の生産量です。そして本土の居酒屋などで提供されている「糸くず」みたいな物では無く、しっかりとした「海藻」なので、とっても美味しく頂けます。もちろん居酒屋で・・・

魚!

DSCN0800.jpg


申し訳ありません。魚好きな細君(女房の事です)が、撮影する前にたいらげてしまいましたので、こんな映像になりました。
もともと我輩は「魚食い」では無いので、あまり興味は無かったのですが、沖縄での「から揚げ」「素揚げ」「フライ」は、とても美味しかったです。

住む土地違えば「食」も変わります。即現地に馴染む事は難しい事です。無駄に沖縄をうろついていたわけでは無く、ちゃんと現地のスーパーの調査もして、本土で一般的な料理の材料は全て販売されている事は、確認済みですから。
今後、沖縄に旅行等計画のある方にアドバイスとしては、現地の人は「無愛想」で「案内下手」です。ただ、質問すると、一生懸命話してくれますので、初見だけで判断しない事を願います。

DSCN7594.jpg


17:40  |  沖縄料理  |  TB(0)  |  CM(2)  |  EDIT  |  Top↑
 | BLOGTOP | 
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。