*All archives   *Admin

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
--:--  |  スポンサー広告  |  EDIT  |  Top↑

2010.02.06 (Sat)

「髪結の亭主」とは?

さてさて。テンプレートもなんとか一新できたので、(まあ、職なしですから、時間はたぁ~っぷりありましたので、四苦八苦しながらですが) 我輩のブログのタイトル『髪結の亭主』についての説明と、何故我輩が「髪結の亭主」状態になったか、説明させていただきます。

「髪結の亭主」とは?

江戸時代か明治時代か知らんが、女性の髪の毛を整える仕事は女性の職人が専門で行なうのが常だったそうな。
現在で言う、女性専用「理髪師」になるのかな?
手に職を持つ女房をもらった男氏は、少し女房の手伝いをしながら、自由奔放に遊んで暮らしたそうな。
周りの男氏達からは、「軽蔑」と「うらやましい」のまなざしを浴びていたそうな。

何故我輩が「髪結の亭主」状態に?

約2年程前から、沖縄に移住を決めていた我輩夫婦でしたが、’09・11月に我輩が勤務していた会社から、約10万円の給与減額を提示されました。
個人会社で、会社の収支も把握していた我輩でしたので、「止むを得ず」と納得せざるを得ませんでしたが、今まで昼11時間、夜11時間の2交代勤務を務めてきましたが、職場変更となり2交代+3交代勤務になり、減給。

細君と話合い、「そんな勤務で、そんな給料なら、失業給付金をもらって沖縄移住まで、待機したほうが良いのでは?」と言う結果になり、「職無し」に至ったのです。

そして「厚生労働省」から、こんな書類を頂きました。
DSCN8212A.jpg


我輩の場合、’10・3月まで、前勤務先で減額された給与とさほど変わらない金額を「雇用保険」から給付して頂ける事となりました。

何故この様な選択?

細君は看護士。2交代勤務より不規則です。そして我輩が2交代・3交代制が混合する勤務になると、報酬が伴わないと、(いや、報酬だけでもありません。)我輩が働く意味があるのか? と言う結論です。

いわゆる「失業給付金」とは、「雇用保険」に加入していた人が再就職したいが、なかなか就職先が見つからない時に、求職活動を支援する「補助金」です。
我輩は、4月で沖縄に移住するので、群馬エリアでの職探しをしても、意味がありません。
「それでは、移住先の沖縄で職探しをしたら?」← この事については、今後「地域特性」を含めて記す事にします。とにかく、難しいんです。

求職活動

「厚生労働省」の取り決めでは「失業給付金」とは、「再就職に意欲のある人に助成する補助金」となっております。
「再就職に意欲のある人」との判断基準は4週間に1回の自己申告で決まります。(認定日と言います。)
自己申告で「求職活動を2回以上(4週間の間に)したが、再就職できませんでした。」が認められればOK!です。

では認められる「求職活動」とは?

1・前記の「認定日」に出席すれば1回と認定します。(この日に出席しなければ、もともと翌月の支給は受けられません。)
2・月4回開かれている、ビデオ等を使用したセミナー(約1時間)なるものに参加すれば、1回と認められます。
これで、「2回以上の求職活動」と認定されます。(不思議でしょ~)  もちろん、積極的に「ハローワーク」を通して、面接・会社訪問等も、「求職活動」と認定されます。(これは当たり前)

そんな状況の中、我輩の求職活動は、群馬で就職する訳でもないので、資格(免許?・許可書?)取得を進めております。
「求職活動」には認めていただけませんが、とりあえずこんな「講習会」に参加します。
DSCN8211.jpg

個人でお店(飲食店等)を開くのには、この講習を受けて、保健所から許可を受ければ、「調理師免許」なんぞいらないのです。

果たして我輩が、沖縄にて飲食店を開くかどうかは解りませんが、認可をもらっていて損は無いでしょう?



「髪結の亭主」の宿命

やはりブログに使う写真は、「オリジナルでなければいけない!」と思い、専用デジカメを購入。
そのデジカメを見るやいなや、細君が「こっちを使いたい!」との事で、我輩は我が家にあった旧デジカメを使う事に。

悲しき「髪結の亭主」の結末でした (T△T)

こんな悲しき男のブログ。これからもよろしくお願いいたします。

DSCN0794.jpg
スポンサーサイト
05:13  |  生活  |  TB(0)  |  CM(2)  |  EDIT  |  Top↑
 | BLOGTOP | 
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。