*All archives   *Admin

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
--:--  |  スポンサー広告  |  EDIT  |  Top↑

2010.02.10 (Wed)

まあ、だいたいは・・・

みなさん、こんばんわ!
「だいたい」は、酔ってブログを更新している「さだ」です。
勝手な自論ですが、酔っているとまず、気持ちが大きくなります。 そして心に秘めた「言いたい事」を表現したくなります。
そんな「弱虫」な「おぢさん」が、またまた更新します。

沖縄での「地域特性」について、ほんの一部、記してみます。
DSCN名護

写真での「おデブさん」は我輩の細君であります。
「沖縄に住むぞぉ~!」 っと計画して沖縄県庁を訪れたら、入庁拒否されてしまいました。

まあね、「観光して記念で」なんてのが多いので、しょうがないですかね?

そんで、住みたい「名護市」で市役所に潜入した画像が、これです。

6回、訪問程度ですが、色々現地の人でも把握していない現状が解ってきました。

銀行

沖縄の某銀行で新規口座の開設をしようとしたら、何か別の担当者みたいな人がやってきて「沖縄での住所確認できる事」&「沖縄で働いている証明」(職場訪問までするそうです。)が無ければ開設できないそうな。

「今後この沖縄で住む事になるので、地元沖縄の銀行で口座を開設したいんです。」と説明しても、「たぶん、どこの沖縄の銀行でも、無理です。」だって・・・

A型バリバリ気質の我輩は、身分証明書は勿論、住民票まで持参したのですが、完敗しました(T△T)

賃貸住宅

名護市の小さなステーキ屋で、店主と仲良くなり「移住」の話をしたら、「早く来な」と歓迎してくれました。
しばらくすると、他の常連さんがやってきて「この夫婦、沖縄に住みたいんだと」と紹介されました。この常連さん、数年前に、本土から移住してきたそうな。
色々と話を伺って、賃貸住宅の話になると、店主は「なんくるないさぁ~」(どうにかなる)と言います。
タイミングを計ったかの様に、次の常連さんが入店。「この人、地元の不動産屋だよ!」と紹介されて、名刺まで頂きました。
「沖縄では賃貸住宅を契約するには、地元の保証人が必要なんですよね?」と質問すると、店主が「あんた(我輩)が契約者で、奥さんが保証人でいいのさ」と、明るく答えてくれました。

不動産屋さんは、伏し目がちに苦笑いしていました。


「うちなー」(沖縄生まれ)の人々が『なんくるないさぁ~』と表現しても、現実は「沖縄の人なら」と言う意味が追加されるので、「ないちぃー」(本土の人)は、実際は対象にならない事が多々あるんですよ。
実際、現地で知り合った人々に「銀行話」をすると、「あれ、そーなん??」と、不思議がられました。

「沖縄に根付くのは、なかなか難しいぞ」と感じ、唯一の沖縄での友人にアドバイスを受け、なんとか全国を網羅している企業で管理している物件を獲得した次第です。
DSCN7960.jpg

黄色の看板がある2Fが、なんとか確保できた我輩の沖縄での住居です。
とりあえず現地で生活する場所を確保できました。


今後、仕事に就き生活も安定したら、やはりな家に住みたいと目論んでおる次第です。
DSCN家


沖縄の人がこのブログを観て、不快感を得たとしても、我輩個人の意見として、沖縄以外の人々が感じるだろうと思う感想を、少なからず代弁している次第です。

我輩が生まれ育った「群馬県」同様、「沖縄」は大好きです。

今後、この稚拙なブログが継続すれば、皆さんが不快な思いを抱く事もあるかもしれませんが、OK!ならば、今後共、よろしくお願いいたします。

DSCN沖縄おじさん
スポンサーサイト
02:21  |  生活  |  TB(0)  |  CM(0)  |  EDIT  |  Top↑
 | BLOGTOP | 
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。