*All archives   *Admin

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
--:--  |  スポンサー広告  |  EDIT  |  Top↑

2010.02.18 (Thu)

地元の話ですが

皆さん、こんばんは。

最近話題になっている「シーシェパード」 あいつらは・・・・・・・

辞めておきましょう。我輩の「ぼやき」ばかりでは、皆さんもつまらないでしょうから、今回は本題に進みます。

DSCN8321.jpg

『立ち食いそば(うどん)』です。

我輩の地元、JR駅のお店は駅構内からでも、駅外からでもいただけます。
結構人気があるらしく、店前には駅用の「送迎用車専用駐車場」が5台分程あり、基本的には駐車時間10分以内となっておりますが、この「そば」を食べにわざわざやってきて、利用させてもらっている状況です。

AM9時過ぎに到着。何やらしゃれた服装の若者(ホストさん?)が、店のおばちゃんと会話しながら、麺をすすっております。

約1分程待機し(立ち食いスペースは、約4人程。でもどこでも頂けるのですが、写真を撮る目的もあったので、待機となりました。)「ごちそうさぁ~ん」と若者が車で去り、我輩はいそいそと食券機へ。


移動手段が車中心の群馬県。 電車など1時間に2本程度しかやってきません。
我輩も電車は、5年に1度くらいしか利用しませんので、このお店を思い出すと、わざわざ訪れます。
DSCN8320.jpg

「駐車した車は大丈夫かな?」なんて心配もご無用です。すぐ後ろには「交番」、トイレも歩いて30秒。

本日我輩のオーダーは?
DSCN8318.jpg

「かけそば」270円。

最近職を失ってから酒浸りで、ちょっと胃が疲れ気味なので、シンプルに。

細君は?
DSCN8319.jpg

「てんぷらそば」380円。(かきあげですけどね。)

とっても元気にモリモリ食する細君は、我輩が残した1/3程の残りを含め、スープまで完食!

細君曰く「3杯位なら、大丈夫」だって・・・

では何故、このお店なのか?
DSCN8315.jpg

この写真で解っていただけるかどうかには、疑問が残るので、解説しましょう。

今時「冷凍麺」では無く「ゆで麺」なのです。

我輩は、SAとかドライブインとかの「そば・うどん・ラーメン」等が好きなので、ついついむさぼり食ってしまうのですが、ほとんど「冷凍麺」になってしまい、具以外はほとんど個性が無くなっている現状に、がっかりしていたのです。

しかしこのお店は「昔ながら」の懐かしい商品が頂けるので、今回の掲載となりました。
DSCN8317A.jpg

左側の釜で「ゆで麺」を温めて、右側のつゆをかけて、提供されます。黒いお尻は、お店のおばちゃん所有のものです。

気付いた人はいますか? 釜と釜の間にある物体。

アップにしてみましょう。
DSCN8317.jpg

これもこのお店の特徴かな?  竹でできた「フォーク」に似たこの物体で「ゆで麺」を、ゆでザルに投入するのです。(このおかげで、「衛生てぶくろ」いらずなのです。)

昔の、「群馬名物やきまんじゅう」を経験した人には、懐かしいでしょう。

知らない方に説明します。この「竹フォーク」の2本指バージョンで、串に連なった「まんじゅう」を1個1個、外して食したのですよ。


このお店の味は?

「麺」は1度茹でているので、特に香りが立つ訳では無く、コシも大した事はありません。 「つゆ」も醤油の味が強いだけの、味には何の特徴も無い、『立ち食いそば(うどん)』です。

でも「つゆ」をすすりホットして、麺を「ズルズル」音をたてながら、すすり上げる、安価で懐かしい『立ち食い』です。

皆さんの周りにも、「グルメブーム」(古い?)に関係無く存続し続けたこんなお店、ありませんか?

現在この駅は、全く新しい駅へと改築(新築?)しています。
このお店は存続するのでしょうか? 心配です。
DSCN8323.jpg





スポンサーサイト
19:58  |  群馬の外食  |  TB(0)  |  CM(2)  |  EDIT  |  Top↑
 | BLOGTOP | 
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。