*All archives   *Admin

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
--:--  |  スポンサー広告  |  EDIT  |  Top↑

2011.06.09 (Thu)

鰻と鮪

みなさんこんにちわ! とうとう梅雨明けした沖縄から更新します。

AKB48の総選挙、終わりましたね。 でも全く興味無いおやぢです 。 だって、だれも可愛いく無いし、美人でも無いし。 秋元君の策略が当たっただけだろ?
WW



現在気温31.2℃・湿度81%。 もうコタツ布団は片付けなきゃ(汗)
こんな気候の沖縄では
DSCN0629.jpg

休みの日は、この様な状況でダラつくのが最高なのですが、なんせ貧乏夫婦。 再度市役所からの呼び出しがありましたので、面倒でも外出です。

せっかくの夫婦揃っての外出なのでもちろん「外食」の企みを持ちながら、市役所で手続きを済ませて、遅い昼飯です。

候補は2軒。 我輩にしては珍しい「つけ麺屋」さん。(あの魚粉だらけの粉っぽい付け汁が苦手なんです。) 今回は「魚粉抜きならいけるかな?」てな感じで挑戦!

夜からの営業でした・・・

もちろん予備もありますので、そちらのお店へ。 1度訪問しているので、中休みも無い事は確認済みな「とんこつラーメン屋さん」です。

もちろん期待は裏切りません。「定休日」でした・・・

細君が「どうする? 鰻屋にしない?」 

そうそう、確か道中で「鰻と寿司だって」とつぶやいていました。 まあもう面倒なので、そちらのお店へ訪問です。

沖縄で鰻は、日本で2位・3位を争う程の漁獲高(養殖を含む)だそうです。(いつのデータ?)

ちょっと居酒屋っぽい店内でメニューを拝見。「うな丼1,500円位・うな重(上)2,200円位・特上が3,000円位」でした。 鰻の蒲焼大好き細君は、特上狙い!

店内の雰囲気と、カウンターから伺える状況で、「うな丼にしとけ」と耳元で指示。
DSCN0631.jpg

軽くこんなんを頂きながら待っていると、小さな椀が1つやってきました。肝吸いかな?
DSCN0637.jpg

さすがに沖縄。「細めの麺入り沖縄そば」でした。 沖縄定食の定番です。

鰻の蒲焼は提供されるまで時間がかかります。 我輩のつまみ兼、細君の「間つなぎ」です。
DSCN0634.jpg

一応寿司の看板も掲げているお店なので、「鉄火巻き」。回転寿司に慣れすぎたのかW、この量は驚きました。 鮪も日本で上位の水揚げな沖縄。 もちろん冷凍ではありません。 海苔も美味しく、好感触。
DSCN0639.jpg

「鶏のたたき」が終わっていたので大将のお勧めで「合鴨のスモーク」。こちらは冷凍物ですが、自然に解凍してくると、結構脂とか、燻製された身は美味しく頂けました。

さあ、細君お待ちの「うな丼」です。
DSCN0641.jpg

あれっ? て言うか、予想通り。 丼では無いし、鰻少なっ!!
DSCN0642.jpg

味はまあまあでした。 しかしまた小さな椀が。「これこそ肝吸い?」

最初の椀と同じ小さな「沖縄そば」。 よくよく考えたら、最初の椀は「鉄火巻き」用で、こちらが「うな丼」用でした。W

結果1番安い「うな丼」で正解でした。
DSCN8663[1]

こんな「特上うな重」を夢見て、暴走しなくて良かったね。


何故我輩が、細君を抑えたのかって? だって厨房の真ん中のコンロに小さな「蒸し器」が丸見え。これが、不安の要因。

不安が的中し、なかなか「鰻」が現れない。 蒸し器が沸騰したらその中からやっと登場。焼き鳥を焼くサイズの小さな串焼き器で、タレをつけてあぶるだけ・・・


色々なお店が存在する、名護市。 お店選びは慎重にWDSCN0652.jpg
スポンサーサイト
18:12  |  沖縄料理  |  TB(0)  |  CM(0)  |  EDIT  |  Top↑

コメントを投稿する


 管理者だけに表示  (非公開コメント投稿可能)

▲PageTop

この記事のトラックバックURL

→http://sadanak.blog122.fc2.com/tb.php/151-406a3945
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

この記事へのトラックバック

▲PageTop

 | BLOGTOP | 
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。