*All archives   *Admin

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
--:--  |  スポンサー広告  |  EDIT  |  Top↑

2010.09.23 (Thu)

不合格でした?

こんばんわ!

就職活動真っ盛りな、「髪結いの亭主」です。

皆さん、日本国の領土って、どこまでなのか御存じですか? そしてどの様に決められているのでしょうか? 池上彰 さんに解説してもらいたい我輩ですが、今は自分の就職問題。

「特別雇用なんとかやら」(まあ、お国の雇用対策ですな)に2件選考用書類を送り、昨日が〆切りで、本日、全く連絡ありませんでした。 募集人数は2~1人で、申請したのは3人程度。 選考にそんな時間がかかる訳無いと思うので、諦めます。

23日は祭日なので、休み明けには民間の企業にチャレンジしたいと思う、「髪結いの亭主」です。

細君も明日は休みなので、安めの外食を。
P1000444.jpg

吉野家の「すき焼き丼」です。

280円で、とってもリーズナブル♪ 牛丼より美味しいかも・・・

すみません。 職無しなもので、皆さんの興味がある様な外食ができません。

いつかは、定食 (あっ!定職でした。)を得て、沖縄の様々な「食」を紹介しますんで。
DSCN9335.jpg

こんな我輩の住む沖縄は、今年の夏平均して、こんな気温です。 本土より涼しいかな?

秋に近付き、湿度だけ下がってきましたが、これは暑いのか涼しいのか、不明な日々です。

そんな沖縄住民として、不思議な出来事が。
DSCN9336.jpg

「沖縄タイムス」さん。再度、御免なさい。 先日ちゃんと購読料を支払いしたので、許して下さい。

不思議な情報が、中国からやってきました。

沖縄県民全員に意見を聞いた事はありませんが、間違ってもこの記事の様な思考は無いと思います。
沖縄は中国より、米国寄りです。(個人的に決めつけます。)

中国側は、かつての日本国みたいに「鼻高々」で、中華人民共和国は地球上で「中心」的な国なんだ! と表現しているみたいです。

とにかく「偉いさん」同氏で話し合いで解決してくれないと、「こじれる」ばかりです。

もう  です。 戦争なんて。

日本も含めて自国の事ばかり優先しているから、こんな事態になるのかな?

本日熱帯夜でも、「中秋の名月」。

こんな下手くそな画像でも、ゆっくりと観て、一杯やって、ゆっくり話し合ってもらいたいものです。
DSCN9338.jpg
スポンサーサイト
00:51  |  沖縄の外食  |  TB(0)  |  CM(4)  |  EDIT  |  Top↑

★No Title

sadaさん、どうもです。
ようやく復活しました。ご心配をおかけいたしましてすいません(^^ゞ

尖閣諸島の件ですが、
某巨大掲示板にて、以下のように説明されております。

◆歴史・国際法から明確
尖閣諸島(中国語名は釣魚島)は、古くからその存在について日本にも中国にも知られていました
が、いずれの国の住民も定住したことのない無人島でした。1895年1月に日本領に編入され、
今日にいたっています。

1884年に日本人の古賀辰四郎が、尖閣諸島をはじめて探検し、翌85年に日本政府に対して
同島の貸与願いを申請していました。日本政府は、沖縄県などを通じてたびたび現地調査を行った
うえで1895年1月14日の閣議決定によって日本領に編入しました。歴史的には、この措置が
尖閣諸島にたいする最初の領有行為であり、それ以来、日本の実効支配がつづいています。

所有者のいない無主(むしゅ)の地にたいしては国際法上、最初に占有した「先占(せんせん)」に
もとづく取得および実効支配が認められています。日本の領有にたいし、1970年代にいたる
75年間、外国から異議がとなえられたことは一度もありません。日本の領有は、「主権の継続的で
平和的な発現」という「先占」の要件に十分に合致しており、国際法上も正当なものです。

というわけです。
今回ばかりは、いつもの弱腰外交ではなく、政府の毅然たる対応を求めたいと思います。

同じような趣旨で那覇市議会が抗議決議を可決しましたが、
はてさて、現状の自衛隊の戦力で中国の脅威に太刀打ちできるとは思えないし、沖縄の地理的な宿命として、悲しいことですが、やはり米軍に手伝ってもらうしかないような・・・
いっそのこと、普天間の移設先は尖閣諸島にしちゃったりして。
それにしても中国も、sadaさんのおっしゃるとおり、
もう少し「大国」としての自覚を持ってもらいたいものです。隣国のマンセー将軍と同じようなものだし、
石原慎太郎曰く
「中国のやっていることは理不尽で、やくざがやっていることと同じ」
激しく同意します。

汚沢一兵卒は、去年、汚沢軍団を大勢引き連れ、全員、胡錦涛と握手させている力があるぐらいなのですから、
譲歩なしで今回の問題を解決することが、自身の好感度アップにつながるかと思いますが。

勝手な思いこみですが、今回の事件が沖縄の地理的宿命に基づく普天間基地の移設や米軍の存在意義について、改めて沖縄県民のみならず日本国民全員が考え直す良い機会になればいいかなと思います。
珍しく力んでスイマセン(^^ゞ
やっちゃん |  2010年09月23日(木) 13:47 | URL 【コメント編集】

★おおっ! 池上やっちゃん。

やっちゃん 殿

解説ありがとうございます。 我輩も日本側に非は無いと思っておりましたが、これ程明確な情報があれば、もっと胸張って、中国を非難できます。(自分で調べろよっ!)

>やはり米軍に手伝ってもらうしかないような・・・

中国の軍事力の脅威に対して、米軍の抑止力は実際あるでしょうが、はたして米国は日本の味方をしてくれるかな?

今や日本寄りから、中国側にスライドしているので、「ここは日本、我慢しろよぉ~」とか言ってきそうですな。

国連での決議とかではっきりさせてくれれば、1番良い事。 それが無理ならば、我輩は日本が引く事で戦争が回避できるなら、賛成します。

意地の張り合い≒ 戦争 にならない様に願う次第です。
sada |  2010年09月23日(木) 14:56 | URL 【コメント編集】

★No Title

sadaさん、連投すいません(^^ゞ

>今や日本寄りから、中国側にスライドしているので、「ここは日本、我慢しろよぉ~」とか言ってきそうですな

そもそも中国は、今回の件で米国の対応を試しているのかもしれません。
確かに米国も対中戦略にシフトを置きつつも、
以下のような懸案があるため、

・米中新たな火種 クリントン米長官、南シナ海の領有権問題で多国間協議を支持(日本の尖閣諸島問題みたいなものです。)
http://gensizin4.seesaa.net/article/157285136.html

・クリントン米国務長官、中国のインターネット検閲を批判
http://itpro.nikkeibp.co.jp/article/NEWS/20100122/343649/

・クリントン国務長官「忌まわしい」 中国の一人っ子政策を強く批判
http://ameblo.jp/yamato011/entry-10497017302.html

・中国の温家宝首相、米国の人民元切り上げ要求に反論
http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20100923-00000440-reu-int

詳細はリンク先をググってもらうこととして、
やすやすと「日本我慢しろよぉ~」となるとは思えません。
逆に米国が毅然とした対応をとることによって、沖縄県民の感情も和らぎ、基地問題に好影響が出るかも・・・ぐらいは米国も考えているでしょう。
ここで日本に貸しを作って、「思いやり予算の増額」をのませるかもしれませんし。
とにかく、これは武力を伴わない、「外交戦争」ですので、日本は弱腰にならずに冷静沈着に対応し、ひたすら国際世論に訴えることが肝要かと思います。
また、くり返しになりますが、汚沢が「剛腕」と言われているのなら、今こそその「剛腕」ぶりを証明してほしいと願っています(爆)
間違っても政府は、「友愛」とかほざいているおバカな伝書鳩に特使など命じてはなりません(爆)

最近、なぜか政治に熱くなるやっちゃんでした(爆)
やっちゃん |  2010年09月23日(木) 20:45 | URL 【コメント編集】

★残念な結果になりました。

再度、やっちゃん 殿

本日、日本側は中国漁船の船長釈放を決定しました。

中国側は?

・2国間閣僚級の交流停止

・温 家宝 首相の「船長の無条件釈放」要求

・「レアメタル」を日本国だけに、輸出規制(中国政府は認めておりませんが)

・日本への旅行の自粛

米国は?

・日米安保理は、「日本国の領土について適用される」と言う立場。(米国政府の見解)

・領土問題は、2国間の問題。

として、逆にとれば「日本が尖閣諸島を自国の領土と国際社会に認めさせれば、守るよ」と、逃げ腰。

米国の逃げ腰を確認して、今回の決断になったのでしょう。

脳無し民主党!(怒)

この問題以外に、「宮古島・石垣島」に「親睦」と言う名目の米海軍の寄港問題。 「うるま市・ホワイトビーチ」への、原子力潜水艦の寄港。 嘉手納基地の滑走路改修工事に伴う「世界で1番危険な米軍基地・普天間」の発着陸増加(約1年以上)

全て政府で決定し、沖縄住民の反対は「寝耳に水」

沖縄県民の意見無視な国政でしたとさ。 (T▽T;)


sada |  2010年09月24日(金) 16:09 | URL 【コメント編集】

コメントを投稿する


 管理者だけに表示  (非公開コメント投稿可能)

▲PageTop

この記事のトラックバックURL

→http://sadanak.blog122.fc2.com/tb.php/85-8cb638b0
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

この記事へのトラックバック

▲PageTop

 | BLOGTOP | 
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。